内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

場所 実践 食生活

近くて便利なコンビニ 内臓脂肪対策できます 食生活に彩りを提案

投稿日:2016年12月19日 更新日:

1

「まっすぐ行くとコンビニがあるのでそこを左に」

「右にコンビニが見えるけど、ここからどう行けばいい?」など、コンビニを目印として道案内することはありませんか?ときには

「向かい側にもあるけど、どっち?」と、視界にいくつか見えて混乱することも。

それくらい、コンビニが風景のなかに存在する今、毎日どころか1日で数回利用することもあります。コンビニのATMはほとんどの銀行のカードが使えるので、重宝されていますよね。切手の取り扱いやポストを設置しているところもあり、コンビニさえあれば銀行・郵便局を探してさまよう必要もありません。

内臓脂肪を減らしてくれるサービスの提供が開始される日も、近いのではないかと期待してしまいます。今回は、コンビニで購入できる食事にスポットを当てて探っていきます。

進化し続けるコンビニを、かしこく利用

2

「食事はコンビニで済ませています」と聞くと、不摂生な生活を送るイメージを持たれていたのは従来のことです。

コンビニ食材の今を知ろう

今やお弁当でもヘルシーを意識したものや、サラダやスープなどの単品も増えています。ほぼ全てにカロリー表示もあるので、逆に食事の管理をしやすく、健康を意識するからこそ、コンビニを使うという選択もあるのではないでしょうか。

ユーザー目線の品ぞろえ

そして年々進化し美味しくなるなるのはコンビニスイーツ!お気に入りのコンビニスイーツはありますか?新作スイーツのチェックを欠かさない男性も多数いらっしゃいます。同じチェーン店でも、病院の近くにあるコンビニは入院するときに使えるものが充実していますよね。利用者を想う優しさあふれたコンビニに感謝です。

内臓脂肪ダウンに利用したい

店を探す手間も、調理をする時間も必要のないコンビニを、上手に利用しない手はございませんね。内臓脂肪を溜めない生活は近いはずです、コンビニのように・・・!

内臓脂肪を減らしたいダイエッターが上手にコンビニでお腹を満たす方法2選

3

店舗によって違いはありますが、お弁当コーナーにはおにぎりだけでも10種類近く、そのほか丼もの・麺類・サンドイッチ・お寿司まで、たくさんの商品があります。レジ横には、ホットスナックやおでんもあり、まさに選り取り見取りです。

内臓脂肪を減らしつつ、満足感を得られるチョイスの仕方を伝授します。

①糖質に偏らないようにする

まずは、炭水化物を摂り過ぎないように意識してください。先ほど挙げた“選り取り見取り商品”を見返してください。ほとんど糖質ですよね。美味しくて手頃ですので、ついつい手をのばしてしまいます。そんな糖質の偏りご用心、内臓脂肪予備軍を食べているに等しいのですよ。

主食2品目は選ばない

麺類と固形の炭水化物って、どうしてこんなに合うのでしょうか。まるでマジック、と感動している場合ではございません。ラーメン×おにぎり、パスタ×パン、など主食が2つにならないようにしましょう。

どうしても甘いものを欲したら一品だけに

ドーナツと大福もちなど、甘いもののコンボも我慢して、どちらか一品に。作業中に片手で食べられるものは便利ですが、炭水化物が多くなりがちなので注意しましょう。

②野菜やタンパク質を組み合わせる

もう一品を選ぶなら、サラダや、野菜とタンパク質で作られたおかずにしましょう。

サラダはなんだか楽しいよ

サラダというと味気ないように感じますが、チキンなどお肉が入ったものや、和風・中華風・イタリア風と、異国の風を吹かせてバラエティ豊かですよ。

油を抑えたおかずをチョイス

単品のおかずも魚やお肉などたくさんあります。できればあまり油を使っていないものをお願いしたいのですが、から揚げなどを1個から買える店舗もあるので、スーパーで1パックを買うより断然カロリーの調整ができます。

具沢山スープはあなたの味方

そして最近のコンビニでダイエットの強い味方になるのは、スープです。キムチ鍋や肉団子が入ったもの、ポトフやシチューなど、具沢山で満足感の高いものが充実しています。中には1日に必要な野菜の2分の1が摂れる、という商品もあります。

満足度の割にカロリーが低い

しかもほとんどが200kcal以下で、クリーム系やシチューなどのこってり系も300kcalくらいです。おにぎりとの組み合わせでも400kcalほどに抑えられます。揚げもの×あっさり系スープなど、どちらかを抑える癖を付ければ食べたいものを我慢する必要はありません。

単品の組み合わせが内臓脂肪攻略の秘訣なのでした。それでは、大手コンビニで朝食・昼食・夕食の組み合わせをしてみましたので、ぜひ参考になさってください。「こんなに食べて良いんだ、これなら毎日続けられそう」と思ってもらえる渾身の献立です。※価格は全て税抜き

コンビニの帝王 セブンイレブンで朝食 オススメ献立

1日のエネルギー源となる朝食は、しっかり食べましょう。コンビニの帝王セブンイレブンから選ぶ朝食は?

商品名 カロリー 価格
照り焼きチキンとたまごサンド

4

http://www.sej.co.jp/i/item/17000005007100.html?category=334&page=1

362kcal 259円
かしこく飲む野菜と果実

http://www.sej.co.jp/i/item/300501210556.html?category=197&page=1

78kcal 118円
アロエヨーグルト

http://www.sej.co.jp/i/item/300103110627.html?category=168&page=1

4個パックのうち1個あたり61kcal 37円(4個パック148円)
合計 501kcal 414円

忙しい朝に、手軽に食べられるサンドイッチをメインにしたメニューです。炭水化物、タンパク質、ビタミンをバランスよく摂れますよ。ヨーグルトや、ポリフェノールを摂れるコーヒーもプラスするとベストですね。

笑顔溢れる FamilyMartでランチするならこの組み合わせ

ダイエットを続けるには我慢をしすぎないことも大切です。

商品名 カロリー 価格
特製牛丼つゆだく

5

http://www.family.co.jp/goods/obento/hc0g74000010s7wl.html

627kcal 445円
10種具材の豚汁

http://www.family.co.jp/goods/deli/souzai/hc0g74000010s7g5.html

122kcal 306円
合計 749kcal 751円

ガッツリ牛丼で、牛肉のLカルニチンも摂れます。脂肪燃焼に期待です。ここでお願いですが、豚汁の野菜を先に食べましょう。野菜やタンパク質を先に食べると、糖質の吸収が穏やかになり、血糖値の急激な上昇を避けることができます。

間食や晩酌をしないなら、もう一品ホットスナックなどを追加してもOKです。ファミマのホットスナックと言えば、フライドチキンですかね。飲み物はポリフェノールを摂取できる烏龍茶がベストです。

青い稲妻 ローソンのディナーはこれで決まり

いろいろな種類の食品を食べることは、ダイエットだけでなく健康にも大切です。ローソンカラーの青は「海を思い出して清々しい気持ちになる」と中高年から評判上々です。

内臓脂肪を落として、清々しさを手に入れましょう。

商品名 カロリー 価格
おでん

6

http://www.lawson.co.jp/recommend/original/oden/index.html

炭火焼鶏ささみ串 30kcal 92円
豚カルビ巻串 59kcal 92円
ごぼう巻 40kcal 95円
つみれ 38kcal 105円
こんにゃく(白) 7kcal 71円
絹厚揚げ(国産大豆使用) 77kcal 95円
おでん合計 251kcal 550円
手巻寿司 まぐろたたき

http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1275298_1996.html

175kcal 158円
オクラのネバネバサラダ

http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1272817_1996.html

47kcal 183円
合計 473kcal 891円

ローソンに限った話ではありませんが、冬のコンビニの定番おでんはダイエットにぴったりです。具材のカロリーは100kcal未満のものが多く、カロリーオーバーかどうかを考える時間は要りません。

おでん以外のコッテリ商品食べたいときは、具を減らすかこんにゃくや大根などの低カロリーなものを選びます。

  • マグロやつみれに含まれるDHAEPA
  • ささみのタンパク質
  • 豚肉のビタミンB1
  • 厚揚げはタンパク質と大豆ポリフェノール

おでんはこんなに内臓脂肪対策が詰まった料理だったのですね。オクラサラダはビタミンだけでなくいろいろな栄養素があり、ぜひ摂り入れてほしい一品です。お弁当一つで済ませたいときは、幕の内など、揚げものが少なく、かついろいろな食材が詰まったものを選んでください。

まとめ

7

渾身のコンビニ献立はいかがでしたでしょうか。これで1日の総カロリーは約1800kcalです。

朝食:セブンイレブン 501kcal 414円
昼食:FamilyMart 749kcal 751円
夕食:ローソン 473kcal 891円
合計 1723kcal 2056円

間食の甘いものや、適量のお酒分のカロリーを足しても大丈夫にしておきましたよ♪

カップラーメンを食べるときはサラダを一緒に食べる、お昼にカツ丼を食べたら、夕食の主食はおにぎり1個にする、など1日の中で調整するのも賢いですね。カロリー表示がある、コンビニメニューなら、それも簡単です。

ダイエット中だからと、やみくもにカロリーを減らしたり、野菜ばかり食べたりすると、一時的に体重は減っても、かえって痩せにくい身体が出来上がります。大切なのは我慢をすることではなく、バランスよく食べることです。

〇バランス

〇手軽に

この2点のサポートはコンビニの大得意分野です。

インスタント食品やカット野菜・豆腐などで、簡単な調理をしてコストを抑えることもできます。少し時間があるときは、いつもより遠いコンビニまで歩いて、軽いウォーキングもいいですね。やっぱり内臓脂肪を減らすサービス、開始していたんですね。

-場所, 実践, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.