内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

サプリ 実践 食生活

やる気UP【キリンパーフェクトフリー】ビール風味の内臓脂肪対応型ノンアル

投稿日:2016年12月17日 更新日:

p833-1

大手ビールメーカー<キリン>がドイツ風ラガービールを発売したのは1888年、明治時代のことです。変わっていく時代に流されながらも、いつも私たちの隣にはビールがいました。

ビールほど新商品の開発・販売が盛んな飲み物はありません。健康志向の消費者ニーズにも応えようと頑張るビールの最前線「パーフェクトフリー」とは?内臓脂肪が気にならなくなるビールの飲み方教えちゃいます。

パーフェクトフリーが内臓脂肪増加を抑えてくれる理由

p833-2

ビールが飲みたい気分だけどお腹周りが気になるという方、どうしていらっしゃるのでしょうか。飲んじゃって後悔するタイプ?飲まずにイライラするタイプ?

アルコールは、適量なら身体にいいのです。ストレス解消で気持ちが晴れたり、血行が良くなって善玉コレステロールを増やしたりします。ただアルコール量から換算すると、ビールの適量は一日当たり500ml缶1本。

1本じゃ済まない!と嘆く方のために、様々な成分をそぎ落とした発泡酒が開発されています。

ビール風味の追求 初級編:プリン体ゼロ

ダイエットをするとき、誰もが必ず思いつくのがカロリー制限ですね。消費したエネルギーが摂取したエネルギーに追いつかないと、余った分は緊急事態に備えて脂肪として蓄えられてしまいます。

運動で消費する難しさ

運動でまとまったエネルギーを消費するのは意外と大変です。ジョギングを20分間続けても消費するカロリーは約142kcal。あのビリーズブートキャンプだって20分間で消費できるのは100~120kcalほどです。

基礎代謝が落ちてくる世代は、摂取するエネルギーをコントロールすることが肝心なのです。

糖質制限

最近は、糖質制限で主食を減らしている方も多く見られます。糖質は身体に入ると消化吸収されてエネルギー源になります。でも消費されなかった分は肝臓で脂肪に変換されてしまうので、取り過ぎると内臓脂肪増加へ一直線なのです。

同じカロリーでも、糖質だけを摂るよりはたんぱく質など他の栄養素を摂った方が良い、カロリーよりも糖質を気にするべき!という主張が増えてきています。

そんな糖質が悪者扱いされるようになる中、キリンビールでは発泡酒の淡麗シリーズから健康重視の「淡麗グリーンラベル」と「淡麗プラチナダブル」を開発しました。

カロリーと糖質、この2つを気にせずに発泡酒を楽しめるようにしたのが糖質70%をカットした「淡麗グリーンラベル」です。さらに糖質ゼロを実現したのが「淡麗プラチナダブル」。成分を比べてみましょう。

淡麗極上生
原材料 栄養成分(100mlあたり)
麦芽、ホップ、大麦、コーン、糖類 エネルギー 45kcal たんぱく質 0.1~0.3g
糖質 3.2g 脂質 0g
食物繊維 0.5~1.1g ナトリウム 0㎎
プリン体 3.8mg アルコール【5.5%】

 

淡麗グリーンラベル
原材料 栄養成分(100mlあたり)
麦芽、ホップ、大麦、コーン、糖類 エネルギー 28kcal たんぱく質 0~0.2g
糖質 0.5~1.1g 脂質 0g
食物繊維 0~0.1g ナトリウム 0㎎
プリン体 2.3㎎ アルコール【4.5%】

 

淡麗プラチナダブル
原材料 栄養成分(100mlあたり)
麦芽、ホップ、大麦、糖類、カラメル色素、アルコール、香料、酸味料、乳化剤、甘味料(アセスルファムk) エネルギー 31kcal たんぱく質 0~0.1g
糖質 0g 脂質 0g
食物繊維 0~0.1g ナトリウム 0mg
プリン体 0mg アルコール【5.5%】

「淡麗プラチナダブル」は、糖質だけでなくプリン体を実現した画期的商品です。

プリン体とは

プリン体というのは、動物や植物の細胞の中にある核酸の成分です。核酸というのはDNAとRNAのこと。DNA(デオキシリボ核酸)は細胞の設計士で、アミノ酸の組み合わせを決めてたんぱく質を作る指令を出します。RNA(リボ核酸)は指示通りにたんぱく質を合成する細胞の大工職人的な存在です。

私たちの身体も食べ物も、すべて細胞からできているのでプリン体が含まれます。ビールや発泡酒のプリン体は、原料の麦芽に由来するものです。

プリン体の上限は?

プリン体は1日の摂取量が400㎎以下ならOKです。100gあたり200~300mgのプリン体が含まれるレバーなどの内臓系に比べると、ビールや発泡酒のプリン体は多いわけではありませんが、大量に毎日繰り返し飲んでしまうことが問題なのです。

プリン体の害とは?

プリン体は体内で分解されて最終的に尿酸に変わります。通常尿酸は尿になって排泄されますが、尿酸が作られ過ぎたり排泄がうまくできなかったりすると、血液中に尿酸が増えます。

血液中の尿酸濃度が正常値(7㎎/dl)より高い状態を高尿酸血症といいます。高尿酸血症が引きおこす有名な病気が痛風です。痛風で関節が痛むってよく言いますよね。

プリン体はうま味だった

実は、食品に含まれるプリン体は「うま味」としてビールを美味しくしている成分でもあります。うま味=プリン体をゼロにしてしまったのに、どうやっておいしさを補うのか?それはまた後で詳しく説明しますね。

ビール風味の追求 中級編:アルコールゼロ

カロリーを抑えて糖質もプリン体もゼロなんて、もうこれ以上の飲み物はないんじゃないか?これならば、好きなだけ飲んでも内臓脂肪は増えないんじゃないかと思いますよね。

ビールが太る理由

ビールが太るといわれる原因は

  1. 糖質が多い
  2. カロリーが高い
  3. アルコールを含む
  4. おつまみがすすむ

という点にあります。

肝臓で分解されるアルコールが過剰だと、肝臓が合成する中性脂肪を増やしてしまいます。合成された中性脂肪は血液中を漂い、需要があればエネルギーとなって使われますが、なければ内臓脂肪として溜めこまれてしまいます。

吸収の早いアルコール

またアルコールは腸からだけでなく胃からも吸収されるので吸収が速いのです。だからついつい飲み過ぎてしまいます。水だとキツイ1リットルも2リットルも、ビールだったら不思議と飲めちゃうというのはこのためですね。

アルコールが胃を刺激して食欲が増進するので、飲んだ分だけおつまみに箸が進んでしまいます。困った相乗効果です。

アルコールがゼロ

そんなアルコール分を思い切ってカットしてしまったのが、アルコールゼロの「キリンフリー」です。いったいどんな成分が含まれているのでしょう。

キリンフリー(ノンアルコール・ビールテイスト飲料)
原材料 栄養成分(100mlあたり)
麦芽、糖類(果糖ぶどう糖液糖、水飴)ホップ、酸味料、香料 エネルギー 11kcal たんぱく質 0~0.3g
糖質 2.7g 脂質 0g
食物繊維 0~0.1g ナトリウム 0~4mg
プリン体 0~2.8mg アルコール【0%】

無添加(人工甘味料や調味料、着色料、酸化防止剤不使用)にこだわって作られているので、原材料はシンプル。アルコールをゼロにしてしまったら、もはやビールではありません。お酒で酔いたいときの代わりにはなりえません。

ちょうどいいを叶える

でも、晩御飯を食べながら何となく習慣で飲みたくなった時にはちょうどいい。酔うことはできませんが、その分眠くならず飲んだ後に好きなこともできます。

休肝日をビールテイスト飲料で乗り切って、ビールを飲む日は飲む。そして罪悪感なし!そんなアルコールとの付き合い方はいかがでしょうか?

ビール風味の追求 上級編:パーフェクトフリー

ビール風味を追求した旅もついに上級編になりました。アルコールをゼロにしてしまったんだからもうゴールだと思った方、ノンアルコールビールを見直してしまう朗報があるんです。

実は、ビールテイストを味わいながら、太らないどころか痩せてしまおうというのが「パーフェクトフリー」なのです。ついに一緒に食べるおつまみの脂肪や糖のことまでなかったコトにしてくれる飲み物が生まれました。

パーフェクトフリー
原材料 栄養成分(100mlあたり)
難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆たんぱく、ぶどう糖果糖液糖、ホップ、米発酵エキス、炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK) エネルギー 0kcal たんぱく質 0~0.2g
糖質 0g 脂質 0g
食物繊維 1.6g ナトリウム 0~10mg
プリン体 0mg アルコール【0%】

パーフェクトフリーには難消化性デキストリンという食物繊維が含まれていて、機能性表示食品になっています。パッケージの「脂肪の吸収を抑える、糖の吸収をおだやかにする」という表記が目立ちます。

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンは、水に溶ける水溶性食物繊維のひとつ。海藻や山芋、オクラ、モロヘイヤのようなネバネバ成分をもったものが水溶性食物繊維の仲間です。

水溶性食物繊維は、腸内でネバネバ、ドロドロしているため脂肪や糖を包み込みます。すると脂肪はなかなか吸収されないので、包み込まれたまま排出されてしまうものがでてきます。糖も少しずつしか吸収されないので、インスリンの分泌がゆるやかになります。

食事と一緒に

食事の際に難消化性デキストリンを摂ると、この仕組みによって食後の血液中の中性脂肪や血糖値の上昇がゆるやかになり、余分な脂肪を体にため込まずにすむのです。

さらに、食事プラス難消化性デキストリンを習慣化してつづけると内臓脂肪が減少する、中性脂肪やコレステロール値が下がるといった研究結果もあります。

トウモロコシ由来のでんぷん

「デキストリン」とは、でんぷんのことです。原材料はトウモロコシのでんぷんなので安心かつ重篤な副作用もありません。難消化性デキストリンの機能をうたった商品は、機能性表示食品制度がスタートしたことで続々と増え続けています。

内臓脂肪で困っている方には夢のような話ですよね。

第3のトクホ~機能性表示食品

今まで機能性を表示できる食品といえば、「特定保健用食品(トクホ)」とサプリメントなどの「栄養機能食品」でした。

トクホ

トクホは、製品に表示したい健康効果(お腹の調子を整える、血圧が高めの方に適する、など)について、個々に科学的根拠を示して安全性や有効性を国が審査し、許可を受けた食品のことです。

栄養機能食品

栄養機能商品はビタミンやミネラルが対象で、国の審査はありませんが国が定めた規格基準にあっていれば、事業者の責任で栄養成分の機能(鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です、など)を表示することができます。

機能性表示食品

機能性表示食品は、科学的根拠を示した論文を消費者庁に届け出することにより、国の審査なしに、事業者の責任で製品に健康効果を表示したもの。2015年4月にスタートしたばかりの制度です。

パーフェクトフリーは、この制度を利用して同年6月発売されました。機能性は十分、かつトクホより価格も抑えめで消費者にやさしいノンアルコールビールが出来上がったんです。

【口コミ】パーフェクトフリーの味ってどうなの?

p833-3

味覚は人それぞれなので賛否両論がありそうですね。健康効果についても実感できた方がいるのか気になります。

良い口コミ 悪い・どちらでもない口コミ
お酒が弱いのでノンアルコール大歓迎です。後味甘めで、ノンアルコールビールの中で一番美味しかったです。毎日1本じゃ足りないくらい。 禁酒やダイエットが目的なら十分な味、本格的にビールの代わりにするなら物足りない。

可もなく不可もなくかな。

健康のため休肝日はノンアルコールビールにしています。いろいろ試した中では一番おいしいと思います。 味はありきたりのノンアルコールビールだけど、機能付きなのでいいかなといった感じです。
メタボ対策のためこれでビール断ちしました。毎日飲んでも飽きないすっきりした味です。 機能性表示食品より、もっと味にこだわった方がいいのでは?炭酸を強くするとか、深い味にするとか。
試してみたらかなり美味しく飲めました。昼間から飲んでも問題ないのがうれしいですね。 新しいアルコールフリーが出ると試してます。やっぱり味がだめ。酸っぱく感じます。
毎晩ビールの代わりに飲んでみたら1ヶ月で1kg体重が減りました。どんな食事にもあうので続けられますよ。 半分飲んだら飽きてしまいました。健康上ビールが飲めない人が飲むならいいのかも。

意外と飲んだらビールっぽい、美味しかったと好評ですね。もともとお酒がそんなに強くない方にも歓迎されているようです。休肝日口寂しさにも役立っていますね。

ビールが好きな方にとって味は物足りないようですが、機能付きというところは受け入れられているようです。やはり飲んで脂肪が減らせるというのは、一度は試してみたくなる大きな魅力ですね。

糖質ゼロ・アルコールゼロなのに ビールテイストが実現できる理由

p833-4

ビールといえば、大人になって身に染みる苦味が特徴ですね。もともと苦味とは、食べてはいけない危険のシグナルで、本能的に避けてしまう不快な味でした。多くの毒物が苦かったからです。

ビールの苦みを受け入れやすい

それが経験を重ねるにつれ、苦い食べ物を受け入れるようになり、ビールを旨い旨いと飲むようになるわけです。ストレスを感じた後は苦味に鈍感になるので、苦みのあるビールをより受け入れやすい身体になっているとも言えます。

複雑な味

ビールの原料は麦芽とホップ。苦みを感じさせるのはホップ(アサ科のつる性多年草)に含まれる物質です。ビールの味には、たんぱく質やアミノ酸、核酸なども関係しています。ビールの色は麦芽が焙煎されるときの焦がされ具合によるもの。香りは麦芽とホップに由来するものと、発酵に由来するものがあって、その数は200種類以上あるほど複雑です。

味は香りである

パーフェクトフリーには、ホップは入っていますが麦芽が含まれていないので、従来のビールと同じ醸造方法ではつくられていません。ベースには麦芽ではなく大豆たんぱくを使い、老舗ならではの香料の技術で、スッキリと爽快でありながらコクのあるビールテイストを実現しています。

ここ数年、香料の進化が著しいといいます。ビールの命=味は香りなんですね。そういえば、風邪で鼻づまりのときは何を食べてもおいしくないですからね。

まとめ

p833-5

もともとビールテイスト飲料は、飲酒運転をなくしたいという想いから生まれました。それが機能性表示食品制度という新たなトクホの始まりによって、内臓脂肪を減らす効果を持った新しいビールテイスト飲料が誕生することになりました。

アルコールゼロなんて興味がない、マズイに決まっている!とマイナスなことばかり言っていると、いつまでたってもお腹の脂肪は落ちません。パーフェクトフリーがあれば、お酒の適量を守って内臓脂肪を減らす、という高いハードルだってきっと越えられるはず。ぜひお試しください。

-サプリ, 実践, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.