内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

場所 実践 食生活

外食でもできるんだ!内臓脂肪を寄せ付けない食べ方 真のヘルシーを

投稿日:2016年12月16日 更新日:

p800-1

アレは健康的でコレは不健康。誰もが何とな~く思っている常識、合っていると証明できますか?

♪洋食よりは和食でshow!肉はストップ野菜がgood!待った焼肉 お寿司へgo!

突然のラップ、失礼いたしました。もちろん、その考えが正しい面もあります。でも、本当にそれが、内臓脂肪を寄せ付けない食べ方なのでしょうか。今回は、外食と内臓脂肪を科学してみようと思います。

内臓脂肪に注意すべき男性:外食が多い傾向

p800-2

まずは、内臓脂肪に悩まれる方の、外食の傾向を調査してみましょう。内臓脂肪に悩むといったら、そう、男性を指します。すると、男女で異なる食生活の差が浮き彫りになりました。

  • 素材となる食材:穀類・魚介類・肉類・乳卵類・野菜海藻類・果物
  • 調理済みの食料:菓子類・調理品
  • 外食:外食
  • その他:油脂・調味料・飲料・酒類・賄い費
<平成26年度若年勤労単身世帯の男女別食料>単位%
素材となる食料 調理済みの食料 外   食 その他
男性 16.6 21.5 47.1 14.7
女性 23.9 27.5 34.1 14.4

出典:総務省統計局 平成26年全国消費実態調査 単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果よりhttp://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/pdf/gaiyo2.pdf

男性が使う食費のうち外食への出費が47.1%となっています。約半分ですね。対して女性は3割程度と、男性の掛ける費用に比べたら微々たるものと言っていいのではないでしょうか。

男性の外食が多い理由

ここまで性別で差が生まれた理由としては、男性の置かれている環境にあると考えられます。この調査は、一人暮らしの方を調査の対象としています。そんな中で家事に精通している男性は、少数派ですよね。単純な時間のなさや億劫で台所に立つのが面倒だ、という理由もあるでしょうが、仕事上の付き合いが大きいかもしれません。

お、こ、と、わ、り できない日本人

「お昼でも一緒に」「仕事帰りにちょっと」と誘ってもらえたら行きますよね。男性のプライドとして「今節約してて」という金銭的な断りも入れにくいものと予想されます。

この調査結果は、そんな日本人男性の性質と、どこでもいつでも外食を楽しめる現代が生んだコラボレーションとでも名付けておきましょう。

気になる内臓脂肪 外食時のポイント

p800-3

複合的な理由で外食の回数を減らせないのであれば、その内容を見直すしかありませんね。

カロリー計算が手っ取り早いのですが、相手があっての外食であれば、カロリーの調査も一筋縄ではいきません。カロリー計算以外の部分で、外食時に気を付けていただきたいことを、お話いたします。

とんかつ屋よりそば屋が危険?

仕事の合間にお昼でもというとき、とんかつ屋とそば屋、どちらを選びますか?まずはそば屋に入ったつもりでメニューを選んでみましょう。

メタボ男性チョイス in そば屋

あっさりと、とろろそばにしよう・・・ちょっともの足りないな。おっ、小さい天丼があるからこれを。野菜天ぷらだしいいよな。すいませーん。とろろそばと、この小天丼のセットで。

ミネラルタップリとろろそばはGJ

ちょっと待ってください。いえ、天ぷらだけが悪いわけではありません。とろろは、いいチョイスです。そして、おそばだけだと何となくもの足りないのも分かります。

では、とんかつ屋ならどうでしょう。

スリム男性チョイス in とんかつ屋

揚げものだから、せめて肉はヒレに・・・おっ、ランチセットでカキフライ付きがある。すいませーん。このヒレカツとカキフライ定食を。

えーっ!フライを2種類もですか。でもバランスはいいですね。魚介のカキや小鉢と汁物で食材豊かです。くれぐれもご飯のおかわりはしないよう、

キャベツを先に食べるともっといいですね。

そば屋は炭水化物てんこ盛りになりがち

この2つのパターンなら、内臓脂肪が溜まりやすいのは、そば屋のほうです。ポイントは、カロリーではなく内容です。そば・米・天ぷらの衣と、炭水化物だらけ。その上、栄養をエネルギーに変えるために必須のタンパク質やビタミンなどもほぼございません。

一見カロリー高めのとんかつ屋は脂肪燃焼食材の山

とんかつ屋は、揚げもので確かにカロリーは高めです。しかし、豚肉には、脂肪の燃焼を助けるLカルニチンや糖をエネルギーに変えるのに必要なビタミンB群が豊富です。また、カキは高タンパク低脂肪で、タウリン・ビタミン・ミネラルなど、さまざまな栄養が含まれています。

そして、付け合せのキャベツや汁物などにより、より多くの品目を食べることができます。品目が増えるほどにビタミンなどの栄養素も増えますよね。

本当なら内臓脂肪に良いものを生かすも殺すもあなた次第

もちろん毎日とんかつ続きでしたら、カロリーオーバーになるでしょう。本来ならそばは血糖値が上昇しにくい食品で、ダイエットに適した炭水化物です。内臓脂肪の増減を決めるのは、食材やお店ではなく、食べ方なのです。

外食あるある 炭水化物満タン

外食でついやってしまう、炭水化物ばかりの組み合わせは、他にもあります。

うどんとおにぎり

ラーメンライスはちょっとまずいよなと思っていても、この組み合わせならカロリーも低そうに感じますよね。内容的には同じなのですが、この差って何でしょうか。色でしょうか?

ピザとパスタ

イタリアンでよくある組み合わせです。ただ、シェアして食べることが多いので、量さえ気をつけて、たまになら。

外食時に、こんな記憶あるんじゃないですか?この後のデザートのお団子やケーキが登場したら、絶望でしかありません。本当に内臓脂肪落としたいんですか?と聞きたいです。こんな風に、我々はいつの間にか炭水化物を摂りすぎているようです。

寿司-sushi-はヘルシー?お酢に惑わされるな!

p800-4

♪寿司はヘルシー 腹も減ったし回転寿司へgogogo!

くりぃむしちゅー上田の口癖「お寿司はなんだか楽しいよ」にもあるように、回転寿司はメニューがふんだんでワクワクしますよね。一時期ヘルシーな日本食“sushi”としてアメリカでヒットした「お寿司」ですが、本当にヘルシーの一言で片づけられるのでしょうか?

確かにシャリに使われる酢は身体によく、近所のおじいちゃんの如く内臓脂肪にも良くしてくれそうな雰囲気ですが、その実態はいかに?

出典:

http://www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/research/pdf/20160329_kaiten_sushi_cyousa2016.pdf

男性の平均皿数から探る摂取カロリー

男性が回転寿司に行った際、頼むお寿司の皿枚数としては、平均10.9皿だそうです。

回転寿司店に行った際よく食べているネタ とサイドメニュー[複数回答形式]
順位 ネタ種類 割合% 二貫分のカロリーkcal
1 サーモン 51.8 64
2 マグロ(赤身) 39.5 38
3 ハマチ・ブリ 34.6 82
4 マグロ(中トロ) 33.3 102
5 イカ 26.2 12
6 ネギトロ(軍艦巻き) 25.3 112
7 エンガワ 23.4 94
8 生エビ 21.7 18
9 イクラ 20.8 54
10 ホタテ 19.7 26
平均60.2

よく食べているネタとして、サーモン、マグロの赤身、ハマチ・ブリと続きますが、それほどカロリーは高くない印象です。魚のDHAEPAは、血液中の中性脂肪値を下げますし、内臓脂肪によって傷つけられた血管のケアまでしてくれる、私たちの監督者です。

やっぱりお寿司は楽しいな♪と喜ぶのはまだ早いですよ。ネタを支えるシャリの存在をお忘れなく。

お店によりますがシャリの重さは一貫20gほどですので、カロリーにすると32kcalです。1皿に二貫、男性は約11(10.9)皿食べる。シャリのカロリーを算出すると、

  • 32kcal×2貫×11皿=704kcal

となります。人気ネタ上位10の平均カロリーで試算すると

  • 704kcal+60.2kcal×11皿=1366.2kcal

11皿って、そこまで極端な数字ではありませんよね。なのに一度のご来店で、こんなにカロリー飲み込んでいたとは! 驚きです。そして回転寿司の楽しみは、お寿司だけではありませんよね。サイドメニューにも楽しさ盛りだくさんですよ。

サイドメニューを加えた一回のご来店 摂取カロリー予測

回転寿司店のサイドメニュー・一品料理の中で好きなメニュー [複数回答形式]
順位 メニュー 割合% カロリーkcal
1 茶碗蒸し 41.1 191
2 みそ汁(赤だし) 40.2 50
3 うどん 30.8 227
4 ケーキ 26.8 84
5 ラーメン 21.7 316

それにもう一品サイドメニューを足すとします。サイドメニューのベスト5で一番低い「みそ汁(赤だし)」ならプラス50kcal。でも麺類やケーキを選んでいたら?そして寿司をもう1皿取っていたら?どうなるでしょう。

1日あたりの成人男性の適正摂取カロリー:1600kcalに、ほぼ王手!という状態になってしまいます。

ここまで、お寿司の雪だるま式に増えるカロリーに突っ込みばかり入れてしまいましたが、1皿から自由に選べるのは、ダイエット中はとても便利です。自分で組み合わせを考え、内臓脂肪が溜まらない食べ方をすれば、回転寿司はDHAEPA摂取道場としての地位を、確固たるものにするでしょうね。

まとめ

p800-5

肉を食べたから太るわけでも、米を食べたから痩せるわけでもありません。和食が健康にいい。それは確かですが、和食の定義も時代と共に変わっています。逆に洋食でも1個の未精製の小麦を使ったパンに野菜スープ、適量の肉や魚であれば、おそらくプクプク太りはしないでしょう。

好きな食べものが間違っていたから、内臓脂肪が増えるわけではないのです。食の好みを変えなくても、少し食べ方の意識を変えるだけで、内臓脂肪が溜まらない生活をおくることができるはずです。

正しいチョイスで外食を楽しみましょう。

-場所, 実践, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.