内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

基本知識 症状

冷え性は内臓脂肪が落ちないピンチ? 2つの観点から始めてほしいこと

投稿日:2016年11月22日 更新日:

p75-1

冷え性は女性の大敵と言われていますが、最近では男性の冷え性も増えています。中でも多いタイプが、「内臓型冷え性」です。これは内臓脂肪にとって非常に好ましくない状態です。

気をつけるべき「内臓の冷え」とはいったい何なのか、詳しく見ていきましょう。

意外!内臓脂肪がたまると冷え性に?さらに冷え性だが内臓脂肪をためる悪循環

p75-2

内臓脂肪は、私たちの体の臓器を守り、体温を保つためになくてはならないものです。

ですが、内臓脂肪が必要以上に増えると、体中の血流が悪くなり、体温が下がります。これが「内臓型冷え性」の特徴です。

体温の低下に危機感を抱くと内臓脂肪を付けようとする

さらに、体温が下がったことで危険と勘違いした脳が、内臓を守るために、より多くの内臓脂肪をつけようとします。

それによって増えた内臓脂肪が、ますます体を冷やし、内臓脂肪をどんどん蓄積します。

冷え性から始まったのか 内臓脂肪から始まったのか

つまり、冷え性であるから内臓脂肪が増え、内臓脂肪が冷え性を招くということです。

これは恐ろしい悪循環ですね。また、体温が下がることで抵抗力も下がるので、便秘や下痢を起こしたり、風邪をひきやすくなったりします。

影響は全身に広がる

その影響はやがて脳にも及び、体のだるさや思考力の低下を生むのです。手足が暖かいのに、お腹を触ると冷たい人は要注意ですよ。

冷え性対策をして体温を上げ、内臓脂肪を燃やしましょう。

内臓脂肪対策の食べ物が冷え性にももってこい?

p75-3

体を温め、かつ脂肪燃焼に効果のある食品を上手に取り入れることが、冷え性と内臓脂肪燃焼の対策になります。

それでは、内臓脂肪に効き、更に保温効果のある食材をみてみましょう。

飲み物でできる対策

温かい飲み物だから、体が温まるというわけではございません。内臓脂肪に効く飲み物でも、体を冷やすものがあるのです。

紅茶・ウーロン茶・ほうじ茶

紅茶やウーロン茶、ほうじ茶などは、内臓脂肪を減らす効果が期待でき、なおかつ体を温めてくれますので、内臓型冷え性の方にはピッタリです。

コーヒーは内臓脂肪燃焼のお供だが身体を冷やす

一方、コーヒーや緑茶は内臓脂肪の燃焼を促したり、脂肪の生成を防いだりする効果がありますが、実は体を冷やす飲み物なのです。内臓型冷え性には向きません。

しかし、どうしても飲みたい時ってありますよね。そういう場合は、ホットのものを、1日1、2杯飲む程度に抑えましょう。

ココアは長期戦にもってこい

ココアには、長時間体を温めてくれる作用があります。就寝前に熱々のココアを飲むと、リラックスできてホッとしますよね。

それはココアに含まれるテオブロミンが、体の緊張をほぐしてくれるからなんです。

緊張をなくすと身体も温まってくる

緊張がなくなることで血流が良くなり、全身の保温効果が長く続くということです。ただし、カロリーが高めなので、砂糖がなるべく含まれていないものを選びましょう。

アルコール

アルコールは血流を良くし、体温を上げてくれる働きがあります。ただし、ビールや焼酎、白ワインなどは、体を冷やしてしまいます。

飲むなら、体を温めてくれる日本酒や赤ワイン、紹興酒などがおすすめです。内臓脂肪にとってお酒は禁物ですから、ごくごく少量がお約束、という前提は守りましょう。

体を温める食べ物

単に食事量を減らすだけの偏ったダイエット方法で、かえって太りやすくなってしまったということがあります。

体温を上げてくれる食材を使えば、内臓脂肪を燃やしやすい体が出来上がりますよ。

低カロリーなタンパク質が体質改善につながる

タンパク質が不足すると、体が冷えやすくなります。豆腐、納豆、鳥の胸肉やささみ、マグロの赤身などは高タンパクで低カロリーの食品です。

良質のタンパク質を積極的にとることで体温を上げ、代謝をアップしましょう。

冬野菜で体温アップ!燃やせ内臓脂肪

一般に、冬野菜には体を温める野菜が多く、夏野菜には体を冷やす野菜が多いといわれています。体を温める野菜には、大根、にんじん、ごぼう、かぼちゃなどがあります。

温野菜や煮物にして食べると、体がぽかぽか温まり、さらなる熱量を生んで内臓脂肪を燃やしやすくしてくれます。

香味野菜は血行促進のプロデューサー

また、玉ねぎ、ネギ、しょうが、唐辛子、にんにくなどは、血行を良くしてくれます。特にしょうがは、血流を良くして体温を上げ、内臓脂肪や糖の燃焼を促す作用があります。

焼き梅干しが生むムメフラールの効果とは?

梅干しに含まれるクエン酸は、エネルギーの代謝を高めてくれます。血液をサラサラにしてくれるので、内臓脂肪が高い方に特におすすめしたい食材です。ぜひお試しいただきたいのは、「焼き梅干し」です。

梅干しを焼くことによってクエン酸と糖がくっつき、「ムメフラール」という成分が生まれます。このムメフラームは、血の流れをより早くしてくれる効果があります。

以上、ご紹介した食材の効果を最大限に上げるためには、よく噛んで食べることです。よく噛むことでさらに体が温まり、より多くの内臓脂肪燃焼が期待できるのです。少なくとも、一口を20回ほど咀嚼してから飲み込む癖をつけましょう。

内臓脂肪からくる冷えを漢方で対策

p75-4

冷え性と内臓脂肪に効く漢方をご紹介します。

漢方名 冷えと内臓脂肪への効果
当帰芍薬散

(とうきしゃくやくさん)

水分代謝と血行を良くする。貧血に効果があるため、妊婦さんに処方されるケースが多い。

大建中湯

(だいけんちゅうとう)

腸を温めて働きを良くする。お腹を温めてくれるので、内臓型冷え性に効果的。
安中散

(あんちゅうさん)

 

胃を温める。冷たいものを食べたり飲んだりすると胃痛を起こす人に効く。
真武湯

(しんぶとう)

体温が低く虚弱体質の人に効く。新陳代謝や水分代謝を高める。

漢方は初めてという方は、一般のドラッグストアや薬局ではなく、漢方専門の薬局か病院に行くことをおすすめします。

病院の漢方外来であれば健康保険が適用されますので、自己負担も少なくて済みますよ。

冷え性の味方! 温活グッズに助けてもらおう

p75-5

冷え性グッズで、内臓脂肪の「温活」をしましょう。

貼るカイロでじわりと届け

外から発熱して身体を温めるのが狙いです。やけどの恐れがありますので、くれぐれも肌への直張りはしないでください。

マイコール はるオンパックス

薄くて軽く、かさ張らないのが魅力です。

出典:マイコール(http://www.mycoal.co.jp/warmer/Adhesive_bodywarmer.html

ロッテ 貼るホカロン

長持ちすることで人気が高い商品です。お腹に貼って効果が得にくい場合は、腰にも貼ることをおすすめします。

出典:ロッテ(http://www.lotte.co.jp/products/catalogue/kenko_zakka/01.html

内臓脂肪も覆える腹巻で保温状態をキープ

最近の腹巻はデザイン性に優れたものが多く、腹巻に見えないので安心ですね!

福助 メンズ シルク混腹巻

シルクをベースにした滑らかな肌触りが魅力の、日本製の腹巻です。和風テイストがおしゃれな一品です。

出典:福助(http://shop.fukuske.com

イトーヨーカドー いつもの肌着 紳士 制菌加工シルク混腹巻

シルク30%混の腹巻です。菌の発生を抑えてくれるのもうれしいですね。厚手なのでしっかりお腹を温めてくれます。こちらも日本製です。

出典:イトーヨーカドー(http://iyec.omni7.jp

レッグウォーマーがあれば足から全身あったか

足首を温めて、身体全体をほっこりリラックスさせましょう。

ミズノ レッグウォーマー

ブレスサーモという、人の体から出る水分を利用して発熱する画期的な素材でできています。シンプルなデザインなので、スーツや作業着の下でも邪魔になりません。

出典:ミズノ(http://www.mizunoshop.net

お灸で血行が改善する

お灸は、全身の血行を良くしてくれるので、冷え性に最適です。

せんねん灸 火を使わないお灸 太陽

シールを剥がして肌に直接貼るだけ。火を使わないので、衣服の下でも使えますし、そのまま寝てしまっても安心です。
出典:せんねん灸(https://www.sennenq.co.jp/shop/products/detail/55

内側からの改善も大切ですが、一朝一夕に実現することはできません。体質改善が完成するまで、このようなグッズに助けてもらうのは賢い選択となることでしょう。

冬だけじゃない 夏も冷え性になる

p75-6

冬場は分かりやすいですが、夏場は暑いので、体が冷えていることに気づきにくいものです。暑いからといって冷房にあたりすぎたり、冷たいものばかりを飲食したりしていると、知らずのうちに内臓が冷えてしまいます。

冷えるタイミングに季節は関係なし

つまり、夏でも冬でも関係なく、内臓型冷え性になりうるということです。

寝苦しい夏の夜に、クーラーをつけっ放しで寝ちゃったことありませんか?毎日うだるように暑くて、どうしても冷たいものばかりを食べたり飲んだりしちゃいませんでしたか?

当てはまった方は、すでに冷え性になっているかもしれません。

平熱で診断が可能

平熱が36.3度以下の方は、内臓型冷え性の疑いがあります。体温が低いと、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなるといわれています。また、内臓脂肪も減りにくくなるので、脂肪はたまる一方です。

熱にも冷えにも注意を

夏場は熱中症にかからないよう注意することはもちろんのこと、内臓を冷やさないよう、冷房の効いた室内なら、ブランケットや身体を温めるココアを飲むなどの工夫も必要になってきます。

まとめ

p75-7

内臓に脂肪がつき、血流が悪くなるために起こる「内臓の冷え」。蓄積された脂肪が内臓を冷やし、さらなる内臓脂肪を増やすという悪循環。それを阻止するためには、体を冷やさないことが要だということがわかりましたね。

ですが、腹巻やカイロなどのアイテムは、一時的に体を温めてくれますが、冷え性を根治してくれることはないでしょう。内臓型冷え性を改善するためには、食生活や生活習慣のトータルケアが大切です。

「内臓の温度」をうまくコントロールし、内臓脂肪を燃やしましょう!

-基本知識, 症状

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.