内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

実践 成分 食生活

摂りすぎは危険?カプサイシンダイエットの内臓脂肪への働き

投稿日:

p477-1

世間には様々な種類のダイエットがありますが、皆さんはカプサイシンダイエットはご存知ですか?

カプサイシンダイエットは、摂り過ぎも良くありませんが、十分に理解した上で実行すれば内臓脂肪へ働きかける効果もあります。

今回はそんなカプサイシンダイエットについて紹介していきましょう。

カプサイシンは有酸素運動と組み合わせて効果が出る 内臓脂肪を燃やそう

p477-2

そもそもカプサイシンは、トウガラシに含まれるアルカロイドという辛味成分の一つです。

トウガラシを食べると汗が吹き出しますが、あの現象は吸収されたカプサイシンが脳に運ばれてアドレナリンの分泌を促すために現れるものです。

カプサイシンがアドレナリンを分泌させる

アドレナリンが分泌されると体温が上がり発汗、代謝が活発になって脂肪の分解が始まります。このメカニズムを利用したのが、カプサイシンダイエットなのです。

では、とにかくカプサイシンを多く摂取すれば簡単に痩せられるのでしょうか。

カプサイシンの効果を発揮するには有酸素運動とのマッチング

カプサイシンの効果を最大限に発揮するためには、有酸素運動を組み合わせるのが一番です。

カプサイシンは脂肪を分解する効果がありますので、そこに有酸素運動をプラスすることで脂肪燃焼が始まる時間を早めてくれます。

カプサイシンの摂取法とは?リップは食べてはいけません

p477-3

ではカプサイシンは、具体的に何から摂取できるのでしょうか。カプサイシンは

  • 粉唐辛子
  • ラー油
  • 豆板醤
  • コチュジャン
  • タバスコ

など辛みを引き出す調味料に含まれています。これらの調味料を使って食事から摂るようにすれば、自然と体内に取り入れることが可能です。

カプサイシンの食べるタイミング

摂取のタイミングとしては運動前が良いとされています。

4運動前にカプサイシンを摂取する事で、脂肪を燃焼するまでの時間を早められるのです。

運動前の食事はよろしくない

ただ、運動前の食事は避けたほうが良いとされています。

運動前に食べるのを避けたい、他に辛い物が苦手、もっと手軽に摂りたい方にオススメしたいのはサプリメントからの摂取です。

カプサイシン入りのリップもある

また、最近では珍しい方法として唇をぷっくりさせてくれる効果があるとのことから、カプサイシン入りリップの人気が出てきています。有名メーカーからも多数出されており、使用感もスースーして気持ち良いと好評なようです。

刺激から得られるもの

ただ、トウガラシ成分はデリケートな唇に刺激を与えますので、肌に合わなければ使用を中止するようにしましょう。間違ってお腹がすいても絶対に食べてはいけませんよ。

ハイリスク?副作用が怖いカプサイシン リスクをおかすより安全に内臓脂肪を落としたい

p477-4

ここまでカプサイシンダイエットのメカニズムや効果をお話してきましたが、カプサイシンには注意点もあります。カプサイシンには毒性があることも分かっており、過剰に摂ると最悪の場合死に至る恐れがあります。

アドレナリンが分泌され続けると脳にダメージが加わる

その他にもカプサイシンはアドレナリンを分泌しますが、分泌され続けると脳にダメージが加わり鬱を引き起こす可能性があり、胃ガンの発症に関係するという指摘もあります。過剰な摂取は危険です。

神経系に影響するものに手を出すべきか否か

原料はしたくても毒性を気にしながらの摂取は、なんだか命がけで怖いですよね。

海草類や野菜を積極的に摂って内臓脂肪を減らすのとは訳が違います。他の物で落とせるならそれにこしたことはないように思います。

寒い冬には鍋だよね!キムチ鍋のカプサイシン含有量を調べる

p477-5

アサヒグループホールディングス株式会社のお客様生活文化研究所が鍋料理に関するアンケートを行った結果、以下のような傾向があることが分かりました。

あなたが好んで食べる鍋料理は?

順位 全体 東日本 西日本
1 寄せ鍋 50.3 寄せ鍋 54.6 水炊き 53.7
2 水炊き 47.9 水炊き 42.5 寄せ鍋 45.8
3 キムチ鍋 35.6 キムチ鍋 39.4 湯豆腐 33.4
4 湯豆腐 33.1 水炊き 32.7 キムチ鍋 31.5
5 しゃぶしゃぶ 27.8 しゃぶしゃぶ 29.4 しゃぶしゃぶ 26.0
6 ちゃんこ鍋 16.7 もつ鍋 19.3 うどんすき 20.5
7 もつ鍋 15.5 ちゃんこ鍋 16.5 ちゃんこ鍋 17.0
8 うどんすき 15.3 たらちり鍋 12.6 かにすき 12.9
9 牡蠣鍋 11.0 石狩鍋 12.4 もつ鍋 11.5
10 カレー鍋 9.2 うどんすき 10.3 牡蠣鍋 10.7

出典:http://www.asahigroup-holdings.com/news/2013/0125.html

「寄せ鍋」「水炊き」「キムチ鍋」が上位に挙げられています。

中でもキムチ鍋は辛味が癖になるとともに、カプサイシン効果でカラダが温まるという声が聞かれました。

キムチ鍋程度のカプサイシンなら健康効果大

ちなみに最近では便利な鍋の素が多く出回っていますが「エバラキムチ鍋の素」での一食当たりのカプサイシン含有量は0.05(mg/100g)と僅かなことが分かりました。

この程度の含有量でしたら特に害もありませんし体も温まり、一緒に沢山の野菜が摂れますからヘルシーで一石二鳥ですよね。

キムチ鍋の作り方

さてここで、簡単なキムチ鍋の作り方をご紹介します。

【材料】4人分

  • 豚バラ薄切り肉 80g
  • 白菜
1/4株
  • 長ねぎ
1/2本
  • ニラ 1/4束
  • えのきたけ 1/4袋
  • 豆腐 1/2丁
  • エバラキムチ鍋の素
80ml
  • 水
125ml

【作り方】

  1. 各材料を切る。

豚肉:一口大

白菜:ざく切り

長ネギ:斜め切り

ニラ:4~5cmの長さ

えのきたけ:石づきを切りほぐす

豆腐:水きりして食べやすい大きさ

  1. 鍋にエバラキムチ鍋の素と水を入れて火にかけ、ニラ以外の材料を加えて煮込む。
  2. 最後にニラを加えて出来上がり。

寒くなる季節に嬉しい鍋は、材料を切って煮込むだけで手軽で簡単ですよね。

まとめ

アドレナリンに作用するカプサイシンを上手に摂取すれば、暑い夏は汗をかいてすっきり、冬はあったかポカポカで、健康維持に期待が持てます。

ただ、内臓脂肪を落とすことを目的とした減量のための過剰摂取はオススメできません。アドレナリンを引っ掻き回すことはやめて、正しい食事と運動の原則をお守りください。

-実践, 成分, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.