内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

お茶 実践 食生活

内臓脂肪とサヨナラしたいならルイボスティー生活始めよう

投稿日:2016年11月29日 更新日:

p356-1

ルイボスは、南アフリカ西ケープ州のごく限られた地域にのみ生息している、マメ科の植物です。世の中のお茶の多くは、カフェインがつきものですよね。その点、ルイボスティーは、ノンカフェイン。

小さなお子様からお年寄りまで、妊娠中でも安心して飲むことができる恵まれたお茶なんです。その上、ミネラルが豊富。では、古くから「奇跡のお茶」といわれ親しまれてきた、ルイボスの秘密と内臓脂肪サヨナラは叶うのか、真実はいつも一つ!

【奇跡のお茶】ルイボスティーが内臓脂肪に効く理由

p356-2

たくさんの効能で知られるルイボスティーですが、はたして内臓脂肪にはどのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

ルイボスはミネラルの宝庫

ルイボスは、南アフリカにあるゼダルバーグ山脈一帯の、ミネラルが豊富な土壌に自生しています。気温差が激しく、乾燥する地帯で生育するため、地中深くまで根を伸ばします。その長さは、木の高さが1.5mなのに対して、なんと10mにもなるのです!

長い根が吸い取るミネラルがたっぷり

その長い根を使って、古い地層の奥深くから、たくさんのミネラルを吸収しているわけなのですね。多くのミネラルを吸収して育ったルイボスの葉は、カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛などをたっぷり含んでいます。

微量の不足で不調が生じるミネラル

ミネラルは人体の構成に欠かせない要素です。不足すると、神経や臓器、骨などにさまざまな支障が出てきます。つまり、健康を維持するためには不可欠な栄養素なのです。

厳しい食事制限をするとミネラル不足が心配

内臓脂肪に悩むあまり、厳しい食事制限をして、必要な栄養素まで削ってしまうなんてもってのほか。なぜなら、ミネラルは脂肪をたまりにくくしてくれる働きを持っているからです。

ですから、内臓脂肪を減らしたい人にこそ、積極的にとっていただきたい成分なのです。

抗酸化作用がすばらしい

さらに、優れた効能に、強力な抗酸化力があげられます。ルイボスに含まれるSOD(活性酸素分解酵素)は、たまりすぎた活性酸素を取り除き、免疫力を高めて、細胞の新陳代謝を促してくれます。

年々減る酵素SOD

SODは人の体内に元々備わっている酵素ですが、20代を境に減少し始め、40代になると著しく低下してしまいます。これが年々、内臓脂肪をつきやすくしている原因の一つなのです。

幸いSODは食品から補うことができます。内臓脂肪を増やさないためにも、ルイボスティーやその他のSODを含む食品を進んで摂りましょう。

中性脂肪値を下げる働きを持つ

さらに、ルイボスには、中性脂肪を下げる働きもあります。血流を良くし、体内の脂肪分解を助けます。血流アップにより、身体の代謝も上がりますので中性脂肪の燃焼を促してくれるというわけです。これは内臓脂肪にもうれしい効果ですね。

血流が良くなると期待できること

血流が改善されると、高血圧症、高血糖、動脈硬化予防にも一役買ってくれます。冷えや、むくみの解消にもなりますね。

これだけじゃ終わらないルイボスの良いところ

ルイボスティーは無農薬で、ノンカフェイン。その上、タンニンはその他のお茶の10分の1。ですから、老若男女問わず、安心して飲めるお茶なのです。

さっぱりしたいならルイボスティーでデトックス

また、体の中に溜まっている老廃物を排出してくれるので、デトックス効果も期待でき、内臓脂肪を落としやすい体をつくってくれます。脳の興奮を鎮めてリラックスさせる効果もあり、ストレス解消にも役立ちます。

報告

ルイボスティーを生活に取り入れている人たちからは、嬉しい多数の声が寄せられています。

コレステロール値の低下 リウマチの軽減 髪の毛が生えてきた
白髪が黒髪になった 内臓脂肪が減ってお腹周りが細くなった 頑固な便秘が改善された
尿糖が出なくなった 白内障の改善 アトピー性皮膚炎の改善
花粉症の改善 肝機能の改善 シミ・しわが少なくなった

ルイボスティーの作り方 水出しvsお湯だし 内臓脂肪に効くのはドッチ?

p356-3

ルイボスティーの効果を最大限に引き出すためには、水の状態から10分以上煮出すことです。長く煮出すほど、ミネラル分を多く抽出することができます。ですから、内臓脂肪が高めの方にとっては、お湯だしの方がおすすめです。

冷たいものがお好みなら、煮出したものを冷やしてから飲みましょう。冷蔵庫で5〜6日保存できます。

飲むだけじゃもったいない!ルイボスティーを使ったアレンジドリンク&レシピ

p356-4

簡単ですぐできるものばかりをピックアップしました。どれもおいしいのに、内臓脂肪に効くなんてうれしいですね。

ルイボスティーを使ったアレンジドリンク

混ぜ合わせるだけで、内臓脂肪にしみる一杯に。

ジンジャールイボスミルク

【材料】1人分

ルイボス茶葉……1パック

牛乳……200cc

はちみつ(orお好きな砂糖)……大さじ1/2

生姜(チューブでもOK)……お好きなだけ

【作り方】

  1. 鍋に牛乳を入れ、お葉のパックを入れて火にかける。沸騰させないよう弱火で温めてください。
  2. うっすらとふつふつしてきたら、はちみつやお砂糖、生姜を入れて混ぜ合わせればできあがり。
  3. 召し上がる直前にパックを取り出します。

体の芯から、ぽっかぽかの一杯です。

フレーバーティー

【材料】1人分

ルイボス茶葉……1パック

水……200cc

オレンジやレモン、りんごなどのフルーツの皮……1個分

(お好みで、はちみつorお好きな砂糖)

【作り方】

  1. フルーツをきれいに洗う。
  2. 鍋ややかんにすべての材料を入れ、火にかける。
  3. 10分ほど煮出したらできあがり。
  4. お好みで、はちみつやお砂糖を入れてお召し上がりください。

フルーツの香りで、身も心も安らぐ一杯です。

フルーツティー

【材料】1人分

ルイボス茶葉……1パック

水……200cc

りんごや桃などお好きなフルーツ……150g

(お好みで、はちみつorお好きな砂糖)

【作り方】

  1. 鍋ややかんにお水とお葉のパックを入れ、火にかける。
  2. ティーポットにカットしたフルーツを入れておく。
  3. 10分ほど煮出したルイボスティーを、ティーポットに注ぎ入れる。
  4. ポットに蓋をして、ティーウォーマーの上に置くか、なければ厚手の布巾などをかぶせて10分ほど蒸らしてできあがり。

おもてなしにもできる、おしゃれな一杯です。

この他、お好きなお酒のお茶割りに、ルイボスティーを使うのもいいですよ。ルイボスティーにはリラックス効果もありますので、就寝前に飲むのもおすすめです。カフェインが含まれていませんので安心ですね。

ルイボスティーを使った簡単レシピ

ルイボスティーは肉や魚を柔らかくしてくれるので、煮込み料理に最適です。好きな料理の水分として使って、おいしく内臓脂肪を減らしましょう。

ルイボスカレー

【材料】1人分

ルイボス茶葉……1パック

市販のカレールー……20g

水……350cc

牛肉(または豚肉)……80g

玉ねぎ……1/2個

にんじん……1/4個

じゃがいも……1/2個

油(炒め用)……適量

【作り方】

  1. 肉と野菜を一口大に切る。
  2. 厚手の鍋かフライパンに油を敷き、肉、野菜を炒める。
  3. 玉ねぎがしんなりするくらいまで炒めたら、水とお茶のパックを入れる。
  4. 具が柔らかくなるまで10分以上煮る。
  5. 一旦火を止め、パックを取り出し、ルーを溶かす。
  6. 再び火にかけ、10分煮込んでできあがり。

いつもの家庭の味とは、一風変わった味が楽しめますよ。

ルイボスクラッシュゼリー

【材料】1人分

ルイボス茶葉……1パック

水……200cc

粉ゼラチン……2.5g

牛乳……大さじ2

砂糖……小さじ1

【作り方】

  1. 鍋に水とお茶のパックを入れ、火にかける。沸騰してから10分ほど煮出す。
  2. パックを取り出し、ゼラチンをよく混ぜて溶かす。
  3. 粗熱が取れたら、タッパに入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。
  4. 器に牛乳と砂糖を入れて混ぜる。
  5. 完成したゼリーをフォークなどで砕いて、4の器に入れる。軽くかき混ぜてできあがり。

甘さ控えめでノンカフェインのデザートは、夕食後にぴったりです。ご飯にもデザートにも、飲み物にもルイボスティーを使えば、内臓脂肪への効果はてきめんですね。

まとめ

p356-5

  • カフェインフリーでミネラルが豊富
  • 脂肪を燃焼、老化を防ぎ便秘解消にも最適
  • 体のむくみもとってくれ、肌の新陳代謝も活発にしてくれる
  • アトピーや花粉症などのアレルギーにも効く

うれしい内臓脂肪への効果も。まさに、良いことづくめのお茶です。これが「奇跡のお茶」と呼ばれる所以なのでしょう。

ただし、これらの効果は、あくまでもサポート的に働くと考え、期待しすぎは禁物です。まずは普段の生活にポンッと取り入れてみて、じっくり効果を観察してみるのもいいかもしれませんね。

また、一定量を超すとおなかがゆるくなることがあります。内臓脂肪を早く減らしたいからといって、飲み過ぎるのはやめましょう。どのくらいが適量かは個人差がありますので、焦らず、まずは1杯ずつ試して様子を見ましょう。

煮出したあとの出がらしにも、まだまだミネラルは残っています。植木や畑に肥料としてまけば、植物も元気になるし、エコにもなるし、一挙両得です。ルイボスティーで、内臓脂肪もスッキリ、リフレッシュでハッピーライフ!

-お茶, 実践, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.