内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

お茶 実践 食生活

お茶界の実力ナンバーワン?プーアル茶で内臓脂肪を落とす

投稿日:

p348-1

大昔から健康茶として親しまれている「プーアル茶」は、主に中国雲南省で栽培されている中国茶です。お茶の分類方法はいくつかありますが、世界的に広く使われているのが「六大茶類」。

製造方法や発酵度合いによって、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶と分けられています。プーアル茶はそのうちの「黒茶」に属します。

熟成させた黒茶には、他のお茶にはない特別な効果があると言われています。では、その効能と内臓脂肪へのアプローチとは?

どんなお茶?驚き!プーアル茶の効能で内臓脂肪が落ちる理由

p348-2

脂肪を燃やそうと運動をしても、エネルギーとして血液中の糖分が使われるだけで、中性脂肪や内臓脂肪は燃やされません。

一度ついた脂肪は、なかなか落ちない

頑固な脂肪を燃焼するためには、燃やされる形に変えてあげることが必要なのです。その助けになるのが、黒茶に含まれるリパーゼと呼ばれる酵素の働きです。リパーゼは中性脂肪を溶かす役目を果たします。

リパーゼを高められるプーアル茶がすごい

プーアル茶には、このリパーゼの分泌を高める効果があることが分かっています。増やされたリパーゼが体の隅々まで行きわたり、身体中の中性脂肪を「遊離脂肪酸」に変えます。

脂肪燃焼できるカタチとは?

その遊離脂肪酸が、脂肪燃焼するためのカタチなのです。そのカタチになったタイミングを逃さず運動をすれば、内臓脂肪を減らすこともたやすくなるというわけです。

熟成が成しえる技

脂肪燃焼を助ける働きは、熟成された黒茶だけの特別な力です。プーアル茶を購入するときは、しっかりと発酵・熟成されたものを選びましょう。

脂肪を吸収すれば太る じゃあその逆は?

脂肪は胆汁によって乳化されることで分解され、体内に吸収されます。ですから、分解されなければ吸収されないということになります。

没食子酸と重合カテキン

では、この脂肪分解の工程を阻止すれば、脂肪が体内に吸収されるのを防ぐことができるのではないでしょうか?この夢のような理屈を可能にするのが、プーアル茶に含まれている、「没食子酸」と「重合カテキン」です。

脂肪を消化させない

この二つが胆汁と結びつき、脂肪の乳化を妨げる役割を果たします。乳化されずに済んだ脂肪は、そのまま体の外に排出されるという仕組みです。つまり内臓脂肪を増やさずに済むということです。

この効果は、生活習慣病、いわゆる高血圧や脳卒中、心臓疾患などの予防にもつながります。

まだまだあるプーアル茶の言い伝え

プーアル茶には、この他にも、腸内環境の改善・むくみの解消・デトックス・アンチエイジング・免疫力強化・冷え性・二日酔いなどに効果がみられます。

内臓脂肪を落としたら、健康という病気にかかってしまいそうなほど、効果がギュギュッと詰まっていますね。

プーアル茶 効果的な飲み方

p348-3

内臓脂肪を減らしたいなら、プーアル茶の効果的な飲み方を知らなきゃ損ですよね。

プーアル茶はいつ飲めばいいの?

ただやみくもに飲んでいるだけでは、せっかくの効果が半減してしまいます。それにカフェインが含まれていますので、空腹の状態で飲むと、胃にも良くありませんよね。しかし難しいことはありません。

食事と一緒に体内に

プーアル茶の効果を活かすなら、「食事と一緒に飲むのが一番」というだけです。食べ物に入っている脂肪を吸収させない、という役割がありますが、そのためにも、プーアル茶と脂肪のマッチングは必須です。

効果は少しずつ 続けないと分からない

また、数回飲んでみたけれど効果がないのでやめてしまうという方も多いようですが、プーアル茶は続けて飲むことで少しずつ血中の中性脂肪や内臓脂肪などを減らし、太りにくい体質を作ってくれます。

健康を維持するためには、毎日の積み重ねが大切です。

おいしいプーアル茶の入れ方

  1. 固形のプーアル茶は、茶葉をしっかりほぐしてください。十分ほぐすことで、茶葉の味わいを満遍なく引き出すことができます。
  2. 次に「洗茶」をします。中国茶を入れるときには、必ずこの洗茶をしましょう。これはカップを温めるのと同時に、茶葉についているホコリを落とすためで、お茶の味わいもスッキリとします。
  3. よくほぐした茶葉を、ティーポットや急須に入れ、お湯を注ぎます。10秒~20秒ほど置き、今度はそれをカップに注ぎ移します。
  4. 洗茶の間に、再びティーポットや急須にお湯を入れます。そのまま5分ほど抽出します。
  5. 洗茶に使ったカップのお茶を捨て、そこに抽出したお茶を注いでいただきます。

使うお水によって味わいも変化します。軟水を使うと、プーアル茶の味が引き立ちます。ティーパックや粉末状のタイプも販売されていますので、好みで選ぶと良いでしょう。

カフェイン含有で妊婦はご用心?プーアル茶の注意点

p348-4

カフェインを含む飲み物は、コーヒーやお茶を始め、世の中にたくさんありますよね。もちろん、プーアル茶にも緑茶やウーロン茶と同じくらいの、カフェインが含まれています。

カフェインの副作用

過剰に摂取をすれば、胃痛・吐き気・動悸・息切れ・めまいなど、さまざまな症状が現れます。

葉酸の必要な妊婦さんには向かない

また、プーアル茶には、カフェインだけでなく、タンニンも含まれています。

タンニンは、鉄の吸収や、葉酸の働きを阻害します。ですから、特に妊婦さんや授乳中の方は、飲む量に注意しましょう。ただ、一日にティーカップ2、3杯程度であれば、問題ないとされますが、控えたほうが賢明です。

妊娠中でなければ、6杯前後を目安に自分の体質と相談しながら取り入れましょう。内臓脂肪が多いからといって飲みすぎは禁物ですよ。

実際に内臓脂肪が落ちるのか?口コミ集合

p348-5

プーアル茶を実際に飲んでみた、あるいは飲み続けている方々の感想をまとめました。

良い口コミ 悪い口コミ
飲み始めてまだ2週間だけど、運動と並行して飲んでいたら2キロやせた。 全くやせない。
健康維持のために飲み続けたい。 ダイエットには向かないと思う。
クセがなくて飲みやすい。内臓脂肪に良い。 味が苦手。
トイレに行く回数が増えたせいか、むくみがなくなった。 もともとお通じがいい方で、あまり効果は感じられなかった。
結構食べてるけど、2ヶ月で2キロやせた。内臓脂肪も減った。 お茶だけでやせるなんて無理だと思う。
太りにくくなった。便秘が治った。 体質に合わなかった。
飲み続けて10年。体重は減らないけれど、太りもしない。健康維持のために飲んでいる。 体重は変わらないけど、内臓脂肪が減った。

この他にも、プーアル茶にはたくさんの意見があります。その中で、ダイエットのために飲んでいるというよりは、健康を維持するために飲み続けているという方も多く見受けられました。

内臓脂肪が減ったという、うれしい口コミもありました。

まとめ

p348-6

プーアル茶には、ビタミンやミネラル、マグネシウムなども含まれています。

そのため、健康を維持するにはもってこいのお茶だといえます。

また、内臓脂肪に特化した効能をあげれば、「脂肪燃焼」と「脂肪吸収をブロック」してくれるということでしたね。それらの効果を効率良く取り入れるには、しっかり発酵された茶葉を選ぶことはもちろんのこと、お茶を正しく入れる、毎日の食事と一緒に継続して飲むことが大切だということです。

ダイエットは一日にしてならず。食事内容を脂質のより少ないメニューに変え、プーアル茶と一緒に食す。そのスタイルを続けていけば、その努力の声はきっと内臓脂肪にも届くことでしょう。

「継続は力なり!」ですね。

-お茶, 実践, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.