内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

お茶 実践 食生活

どんな味?杜仲茶の内臓脂肪アプローチと年代別アプローチ

投稿日:2016年11月29日 更新日:

p340-1

「杜仲茶」というお茶を知っていますか?昨今の“トクホ(特保)健康茶ブーム”で、身体に良いお茶に関心が高まっています。食事の際にトクホのお茶を飲まれている方も多いのではないでしょうか。

実は、トクホ健康茶ブームのずっと前から、杜仲茶は健康に良いお茶として知られていました。最近太ってきたと感じる方や、成人病・生活習慣病に気をつけたい方に、ぜひ杜仲茶をおすすめします。

ではこれから、杜仲茶の素晴らしい効能をご紹介していきますね。

ペットボトル化されているのに認知度が低い?あなたは杜仲茶を読めますか

p340-2

「杜仲茶」は、“とちゅうちゃ”と読みます。中国が原産の落葉樹“杜仲”の若葉を原料としているため「杜仲茶」と呼ばれています。中国では“五大漢方”のひとつで、不老不死を望む人が飲む薬として知られています。

ミネラル溢れる杜仲茶

現代人に不足しがちな、鉄・亜鉛・カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルを含んでいます。また、カフェインを含まないのでいつでも気軽に飲むことができます。

コンビニでの取り扱いは少ない

現在、杜仲茶をコンビニで見かけることは少ないので、男性には認知度が低いかもしれませんね。ダイエットに詳しい女性のほうがよく知っているかと思います。

味は独特で好みは分かれるがぜひ飲みたい一杯

味は、渋いような独特の風味があるため、自分に合う飲み口のものを探してみるとよいでしょう。もし近くのお店になくても、Amazonを利用すれば簡単に、ペットボトル入りやティーバッグタイプのものなど何種類もの杜仲茶を見つけられます。

カスタマーレビューを見れば飲みやすさも一目瞭然です。

効果はどれほど?杜仲茶は内臓脂肪を減らせるの?

p340-3

杜仲茶に含まれるゲニポシド酸という成分は、ついた脂肪の分解やコレステロールの吸収を抑えてくれます。

脂肪燃焼のキッカケづくりが得意な杜仲茶

ついた脂肪というと、もちろん内臓脂肪をはじめとした体脂肪のことです。分解するだけでは、回り回って内臓脂肪に戻ってきてしまうのですが、それでも燃焼のきっかけを作ってくれていることに違いはありません。

植物性ミネラルは中性脂肪値を下げ内臓脂肪をためさせない

そして杜仲茶に含まれる植物性ミネラルは、血液中の中性脂肪の濃度を下げ吸収を防ぎます。植物性ミネラルを売りにしたペットボトルも発売されているほど、注目の成分です。

ホルモンにまで影響を与える杜仲茶

また、杜仲茶はアディポネクチンという善玉ホルモンを増殖させます。血中のアディポネクチン量が多いほど内臓脂肪や中性脂肪・コレステロール値を下げようとします。つまり杜仲茶を飲むことで内臓脂肪が減っていくのです。

外食やお酒に疲れた身体には杜仲茶

さらに杜仲茶には、肝臓の働きを良くする効果があります。身体に摂り込んだ油をすばやく分解し燃焼させてくれるので、食事と一緒に飲むことで痩せやすい身体にしてくれます。

利尿作用もあるので身体のむくみが取れます。外食やお酒を飲む機会が多い方にうってつけの、とても優秀なお茶ですね。

杜仲茶の年代別効果検証

p340-4

年代によって、かかりやすい成人病や生活習慣病は変わりますが、杜仲茶を飲むことでどんなメリットがあるのでしょうか?早速検証してみましょう。

30代がかかりやすい病気:十二指腸潰瘍

  • 空腹時に胃が痛くなる
  • 明日のプレゼンが心配。胃が痛くて眠れない。

こんな経験をしたことはありませんか?これは、ストレスなどで胃酸の分泌が過剰になり、十二指腸の粘膜がただれた状態になるせいです。

30代ともなると、仕事に慣れはじめ抱える責任も多くなります。そのためか30代に多い疾患として、十二指腸潰瘍が挙げられます。

ストレス性疾患に役立つ杜仲茶

そのストレスを軽減するのに杜仲茶が役立ちます。副交感神経を優位にし血圧を下げ、気持ちを落ち着かせます。またカフェインを含まず胃腸にも優しいので、時間も量も気にせず飲めます。

また、寝る前に飲むことでリラックス効果もあり、質の高い睡眠をとることができます。

40代がかかりやすい病気:糖尿病

40代は、不摂生な食生活を続けていると、いきなりガタがくる年齢のようです。そんな時、糖尿病発覚!という方も多いようです。

インスリンの働きを良くする杜仲茶

糖尿病は、インスリンの不足により分解されなかった糖が血中にあふれている状態です。杜仲茶を飲むことでインスリンの働きが良くなり、血糖値を下げることができます。肥満と糖尿病には密接な関係があります。

杜仲茶には脂肪を燃焼させる働きもあるため、なるべく温めたものを飲みましょう。

50代がかかりやすい病気:がん(悪性腫瘍)

日本人の2人に1人はがんで他界する時代です、他人事ではありませんよね。がんは、遺伝子に突然異常が生じ、正常な細胞ががん化して増殖する状態です。

その元である“がん幹細胞”の増殖を抑えることができる物質が、杜仲茶の原料“杜仲”から発見されました。日常的に杜仲茶を飲むことが、がんの予防にもつながります。

60代がかかりやすい病気:心筋梗塞

還暦を迎えると、今まで血液を運んできた血管にも、お疲れが生じるようです。心筋梗塞は、心臓を動かす心筋に血液を送る冠動脈が閉塞し、心筋細胞が壊死し心臓が止まる状態です。

血管をやわらかくするのは一酸化窒素の働きによるのですが、一酸化窒素は本来、運動をすることで作られます。しかしなんと杜仲茶を飲むと、運動をしなくても一酸化窒素が分泌されやすくなるそうです。お茶を飲むだけなら運動より楽に続けられますね。

どんな年代の病気にも、助けの手を差し伸べてくれる杜仲茶・・・。末永くお付き合いしたい飲み物ですね。漢方出身のこの子を、これからもよろしくお願いいたします。

杜仲茶体験記 下痢って副作用?正しい反応?

p340-5

では、実際に杜仲茶を飲んでいる方の体験談をご紹介します。

中性脂肪値を指摘されて杜仲茶ライフスタート(46歳 男性)

健康診断で中性脂肪値が高くなったと言われ、たしかにここ数年でかなり太ったという実感もあり、ネットで調べて杜仲茶を飲むことにしました。味は思っていたよりクセがなく飲みやすかったです。

3ヶ月で7キロ減に成功

会社にも持参して飲み、暴食をしないよう気をつけたところ、便通が良くなりむくみもとれ、3ヶ月で7キロ痩せることができました。すっきりした私の姿に会社の同僚たちが驚いています。このまま飲み続ければ来年の健康診断ではいい結果が出そうです。

運動しなくても痩せられた例 食生活の改善と杜仲茶がポイント

この方は会社にも持参し飲み続けることで、運動をしなくても痩せられていますね。忙しいビジネスマンにも杜仲茶は強い味方になってくれそうです。この方は食生活の改善も試みたため、大成功したようです。

飲む温度と回数は?

杜仲茶にはデトックス効果があるため、温度と飲む回数に気をつけましょう。まとめてたくさん飲むとお腹がゆるくなり下痢になることもあります。お腹がゆるくなりやすいという方は人肌以上に温めたものを小分けにして飲むようにして下さい。

まとめ

p340-6

いかがでしたか?杜仲茶には飲むだけで痩せる効果があるうえに、様々な病気の予防もできることがわかりましたね。まさに“不老不死を望む人のための薬”です。

ミネラルが豊富でカフェインを含まないので、ぜひ毎日の生活にご家族全員で杜仲茶を取り入れ、健康になりましょう。最近ベルトがきつくなったなあと感じたら、レッツ杜仲茶です♪

-お茶, 実践, 食生活

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.