内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

基本知識 症状

はじまりは内臓脂肪から メタボの恐怖と減らす術

投稿日:

shutterstock_524472562

メタボと言われて思うのは、イコール太っている(肥満)事でしょうか?しかしメタボつまりメタボリックの本当の意味は『代謝』の形容詞です。代謝が減退するとエネルギー消費が悪くなる、そして内臓脂肪が溜まりやすくなります。

見た目の肥満だけでなく、内臓脂肪を減らすことで健康な日々が過ごせます。その方法やいかに?

メタボの診断基準とは?内臓脂肪の蓄積が第一条件

p255-2

前述のように、太っているからメタボとは言い切れません。見た目だけで決めつけちゃやーよ!身長と体重から基準値を算出するBMIが一般的ですが、それはあくまで目安です。

最も重要なのは、内臓脂肪との関わりです。状態を把握することから始めましょう。

第一条件:内臓脂肪型肥満であること

まずBMIの数値が25以上であれば、肥満の疑いがあります。しかしアスリートなどは筋肉量が多いので体重もあり数値が上がる傾向にあります。問題視されるのは、脂肪のせいで体重が増えていないか、という事です。

①腹部周りを測る

これは内臓脂肪が腹腔内につくという理由からです。おへそ回りを測って、男性85センチ以上、女性90センチ以上あると肥満の疑いがあります。女性は皮下脂肪がつきやすいので、男性よりも数値が高いです。

②CTスキャンでの計測

しかし、腹回り測定も体型(骨格)や筋肉などの違いで変動します。そこで注目されているのが、CTスキャンでの計測です。腹部を撮影して、脂肪面積が100c㎡以上の場合が内臓脂肪による肥満と診断されます。

第二条件:生活習慣病に関わる病気を2つ以上保持していること

肥満の判定は内臓脂肪主体だと分かりました。次はそれに起因する以下の症状がないかでメタボの判断が下されます。

①脂質異常症

血中の中性脂肪が150mg/dL以上

HDL(善玉)コレステロールが40mg/dL未満の場合

②高血糖

空腹時の血糖が110mg/dL以上の場合

③高血圧

最大血圧が130mmHg以上、最小血圧が85mmHg以上の場合

いずれも、内臓脂肪の増加が原因で血中に流出することで数値を押し上げます(HDLは減少)。内臓脂肪型肥満であり以上のような項目に2つ以上当てはまれば、メタボの疑いが強くなります。

メタボの何が怖いの?内臓脂肪と皮下脂肪の決定的違い

p255-3

冒頭でも記述しましたがメタボは正式にはメタボロックシンドロームと言います。メタボリックは代謝、シンドロームは症候群と訳されます。症候群の意味も難しいですね。

「ある病的状態になった場合に現れる一連の症状」と理解しましょう。メタボリックシンドローム=代謝異常症候群となります。

症候群とは一つの症状では終わらないことを意味する

症候群との診断には1つの症状だけでなく、2つ以上の症状が現れている必要があります。

内臓脂肪型肥満だけではなく高血糖や高血圧、脂質異常などの症状がみられる状態をメタボリックシンドローム、日本では略してメタボと呼ばれています。和製英語なので外国では通じませんよ。

メタボが進行すると以下のような病気が心配です。

①動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞

中性脂肪が血中に流出すると、血管の壁に脂肪やコレステロールが付着します。血管は次第に固くなり本来の血流に支障がでます。

受け止めるのは心臓

心臓などに負担がかかり心不全や心筋梗塞につながります。また血管は内側から次第に細くなり、本来の血流を妨げます。血圧を押し脳梗塞などの危険性があります。

②糖尿病

内臓脂肪の増加によりインスリンの働きが抑制されます。血糖値が上昇し糖尿病につながります。慢性化すると合併症につながり、神経障害や網膜障害(=視力障碍)、肝臓や腎臓障害などが発症します。生命を脅かす深刻な問題をはらんでいます。

対して皮下脂肪の症状は?

内臓脂肪の危険性は理解できました。一方、皮下脂肪はどうなのか?結論からいうと、上記のような深刻な症状は心配ありません。皮下脂肪がつくメカニズムは基本的に内臓脂肪とほほ同じですが、脂肪の性質が違います。

女性らしさが出る皮下脂肪

また、男性より女性がつきやすい。さらにお尻や太ももといた女性らしい場所につきやすいようです。これは女性特有の臓器やはたらきを守るもので、特に妊娠・出産では有益に使われると言われています。

りんご型と洋ナシ型の体型

そして内臓脂肪がつきやすい男性が『りんご型』。皮下脂肪が下半身につきやすい女性が『洋ナシ型』とも呼ばれています。皮下脂肪には女性らしいはたらきがあると理解しても、見た目が気になるのも女心。

悪女の演技が話題のモデル菜々緒のスラっと伸びた美脚に、憧れますよね。

データでみる!メタボの傾向を探る

p255-4

メタボに関して、その原因や弊害については記述の通りです。しかし身近に起きた現象でなければ、なかなか実感しづらいものです。最近の傾向をさぐる事で決して他人事ではないという事に気付くと思います。

年度別メタボ割合の変化

年度 特定健康診査受診者数 メタボリックシンドローム該当者数 メタボリックシンドローム該当者割合 メタボリックシンドローム予備群者数 メタボリックシンドローム予備群者割合
平成20年度 20,005,528 2,873,984 14.4% 2,485,043 12.4%
平成21年度 21,412,003 3,071,243 14.3% 2,634,450 12.3%
平成22年度 22,232,094 3,207,209 14.4% 2,665,721 12.0%
平成23年度 23,132,762 3,385,012 14.6% 2,804,758 12.1%
平成24年度 24,099,472 3,482,724 14.5% 2,872,703 11.9%
平成25年度 25,096,648 3,584,013 14.3% 2,966,488 11.8%

メタボリックシンドローム該当者数、そして予備軍の推移に注目が必要です。平成20年から5年間で該当者が約71万人、予備軍が訳48万人増えています。それぞれ24%、19%の増加です。

検診と対策を始める年齢

また少子高齢化傾向のなかで、受信者増という事は中高年の方が多く検診されているという事が想像できます。予備軍も含め一定の年齢になったら検診、そして対策が必要です。

男女別メタボ割合(%)

区分 項目 総数(人) 20代 30代 40代 50代 60代 70代
男性 メタボリックシンドローム疑い 323 2.2 3.7 8.6 21.1 29.0 33.3
メタボリックシンドローム予備群 342 14.3 22.9 27.9 29.4 22.9 26.5
女性 メタボリックシンドローム疑い 171 0.0 1.9 1.8 4.4 10.5 18.3
メタボリックシンドローム予備群 158 1.0 3.4 5.0 9.6 9.9 11.5

表の中で男性のサンプル総数は1369名、女性は1882名でした。総数で比較すると男性の約半数(48%以上)が疑いや予備群であり、一方女性は17.4%。極端な違いが分かります。

20代が勝負の分かれ道

また年齢別の推移をみると。男性は20代から増え続け40代には疑いが3倍近くに跳ね上がり50代でも倍増しています。食生活の変化、環境の変化、代謝の減退などが複合的に数値を押し上げると思われます。

女性は50代が分かれ道

女性は40代まで変化が緩やかです。しかし50代女性ホルモンの変化に呼応するように数値が上がっています。見た目のふくよかさを比べれば、若い時期は女性が目立つような印象があります。男性はいくらでも食べられる、太らないという気が。

しかしひと皮むいてみると、20代あたりから皮下脂肪の目立つ女性と内臓脂肪がたまり始めた男性という実像が見えてきました。

メタボの深刻さを知るなら今でしょ!体型と習慣でチェックしよう

p255-5

いかにメタボが怖く、そして年齢が上がるとともに身近な問題となるか、ご理解いただけたと思います。ここでは、あなたのメタボの状況を知り、深刻度を把握することで、行動に移すキッカケにしていただければと思います。

チェックがついた項目を各1点で計算してください。

体型チェック

☑体重が年々増えている

☑体重は変わらないがベルトがキツキツになってきた

☑足や腕は太くないのに、お腹に脂肪がついてポッコリしてきた

☑お腹がポッコリ出ているのに、指でつまむことができない

☑食事量や運動量は以前と変わらないのに、体重が増えている

食生活チェック

☑毎食、満腹感を得る

☑朝食をとらないことが多い

☑夕食を夜遅くとることが多く、食べてから2時間以内に寝る

☑間食をする、夜食も時々

☑ほとんど外食で、丼物など単品を選ぶ

☑主菜は肉がほとんどで、野菜を食べない

☑甘いお菓子が大好物で、よく食べる

☑清涼飲料水やスナック菓子が好き

運動習慣チェック

☑運動をする習慣がない、日常的に動く距離も少ない

☑トコトン階段は使わない

☑動くのが億劫だ

☑休日は寝だめする

☑かつてはバリバリのスポーツマンだった、今は違う

生活習慣チェック

☑煙草を吸う

☑仕事終わりにお酒を飲むことが多い

☑ストレスを抱える

☑就寝時間が遅く、午前1時以降が多い

☑毎日の平均睡眠時間は6時間以下だ

☑目覚めが悪い、日中はボーッと過ごす

☑余暇を楽しむ趣味や夢中になれるものがない

☑便秘だ

以上、26項目のチェックを換算して、次の診断に進みましょう。

3点以下→危険度低

現時点では、メタボの危険度は低いようです。現在の健康的で華やかなライフスタイルを、存分に謳歌してください。定期的な健康診断をしっかりし、身体の変化には敏感でいてください。

4~10点→やや危険

現在のライフスタイルを続けると、メタボの危険性があります。チェックが入った項目を中心に生活習慣の改善に勤しみましょう。お腹に脂肪がついている人は、減量も始めてください。

何かを始めるのに早すぎるということはありません。早めのケアをお願いします。

11~17点→危険

危険域にいらっしゃいます。内臓脂肪改善のケアを一刻も早く始めなければいけません。脂質異常症、高血糖、高血圧の症状も表れている方は、そちらの数値対策も。

18点以上→危険なことこの上なし

メタボが進行している可能性が高いでしょう。セルフケアと医療機関での指導を並行していくことが望ましいです。

何となく、このままではいけないと考えていても、数値化することで、改善しよう!という気持ちになったのではないでしょうか。

周りの方にもチェッカーを広めて、内臓脂肪減らすクラブを結成してはいかがでしょうか。

まとめ

p255-6

太っているけどメタボじゃない、とは言い切れません。このまま進行すれば(太り続ければ)、内臓脂肪が災いして生活習慣を発症します。メタボの入り口にいるという意識を持ちましょう。

特に急激な体重増加は危険を伴います。体重増加とその理由や原因を把握することで心筋梗塞などの心疾患が未然に防げるかも知れません。最近は体重だけでなく体脂肪も計測でいるものが一般的になってきました。始める事、そして続ける事です。

-基本知識, 症状

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.