内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

グッズ 実践

EMSベルトは内臓脂肪に何をしてくれるの?楽して痩せられるって本当?

投稿日:2016年11月24日 更新日:

p158-1

CMやTVショッピングで盛んに紹介されている「EMSベルト」。装着するだけで筋肉がつくので、運動嫌いな方や、時間を有効活用したい方々に人気の商品です。

しかし、

「そもそも、どういうもの?」

「楽して痩せられるわけがない!」

「僕が悩んでいる内臓脂肪も解消できる?」そんな疑問が聞こえてきます。

EMSベルトとはいったいどういうものなのか、効果のほどは?詳しく掘り下げていきましょう。

EMSベルトって何?

p158-2

EMSベルトとは、

頭文字 英語 日本語訳
E Electrical 電気
M Muscle 筋肉
S Stimulation 刺激

その名の通り、電流を流して筋肉を収縮させ、筋肉を鍛えてくれるという商品です。

EMSベルトの歴史 スタートは治療にあり

元々は、ケガや病気などで長期入院を余儀なくされ、筋肉が弱った人のための、リハビリとして開発されたものです。

後に、スポーツ選手の筋肉を強化するためにも使用されることになり、時代を経て、徐々にコンパクトに改良されてきました。

気軽に使用できるように改良がスタート

現在では、ダイエットやトレーニングなどでの個人的な仕様にも対応されています。

その他、医療機関や、ジムなどでも採用しているところが多いようです。

筋肉をつけることの影響

筋肉をつけるメリットとしては、

  • ウイルスやストレスなどへの抵抗力の強化
  • 骨や内臓を丈夫にする
  • 体力がつく
  • 内臓脂肪がつきにくくなる

などがあげられます。

EMSの仕組みって?

私たちの体の筋肉は、大きく分けて二つの筋肉から成っています。

筋肉名 特徴 部位
随意筋 意識的に動かせる筋肉 腹筋・背筋・足・腕など
不随意筋 意識的に動かすことのできない筋肉 内臓(心臓・胃・腸など)

EMSベルトで鍛えることができる筋肉は、「随意筋」になります。

脳の信号のままに

普段、私たちは生活の上で無意識に動いていますよね。ですが、それは脳からの信号があって、それを受けた筋肉が収縮して初めてなせる技なのです。

EMSは、その脳からの信号と似た刺激を筋肉に直接与えることで、筋肉を自動的に動かすという仕組みになっています。

刺激で筋肉量をアップ 内臓脂肪にも希望アリ

ですから、自力ではできない運動量のトレーニングでも、可能になるということです。

筋肉がつけば代謝も上がりますから、内臓脂肪を落とすことにもうまく活用できそうですね。

EMSベルトをどう選ぶ?

EMSベルトを、いざ購入しようとしても種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか判断に困りますよね。

安いものでは1000円から、高いものだと30万円ほどになります。

価格帯でみると、人気の商品は、1万円〜3万円前後、あるいは、10万円〜15万円前後の二つに集中しているようです。

名高いのはこの2ブランド 形状と周波数に違いあり

有名なEMSベルトは、シックスパット(アブズフィットセット23,800円税別)や、スレンダートーン(単品で22,400円税別)があります。

形状や電気の周波数にも違いがありますので、自分の予算や、実際に使用している人たちの口コミなどを参考にして選ぶと良いでしょう。紛い品や粗悪品も出回っていますから、慎重に吟味してくださいね。

EMSベルト 内臓脂肪への効果は?賛否に耳を傾けてみよう

p158-3

EMSは内臓脂肪に効果があるのかないのか。実際の口コミをまとめましたのでご覧ください。

【賛】効くとする意見 【否】意味がないとする意見
内臓脂肪に効果はないと思っていたけれど、筋肉がついていくと、自然と脂肪も落ちていっている。 筋肉はつくけど、内臓脂肪は落ちない。
筋肉痛になっているということは、効いているんだと思う。内臓脂肪への効果も期待して続けたい。 カロリーコントロールと有酸素運動を併用しないことには効果はない。
やせられないという意見の人はみんな勘違いしていると思う。楽して筋肉がつけられるということは、黙っていてもやせれるということではなく、普通に運動だけするより、相乗効果で筋肉がつけやすいということ。 お腹はへこんだけれど、食欲が増して内臓脂肪も増えた。
ブヨブヨ腹の人が、EMSベルトでいきなり腹筋がわれるなんてことはありえない。食事と運動と両方やって効果が出てくる。EMSベルトはそれを補う商品。 効果が感じられない。栄養療法を取り入れないと意味ない。
通勤中に使っているだけだけど、2週間で腹筋がついてきた。食事制限もプラスして内臓脂肪も少しずつマイナスになってきた。 高いから内臓脂肪にも効きそうな気がしていた。騙された気分。
食事を減らすダイエットだけをするより引き締まるし、減量までの時間も短縮できていると思う。ずっと続けたい。 医者から女性の割に体脂肪が少ないと言われました。ですが、内脂肪は多いけどねとも。内脂肪には効かないみたい。

賛否両論ありますが、口コミを見る限りでも、内臓脂肪を落とそうと思うならば、やはり食事療法は重要だということがわかります。その上で、EMSは内臓脂肪の増加を防ぐ手助けをするための、筋肉をつける商品であるということです。

やってみないと分からない!口コミ比較でメタボ男子が試した結果

p158-4

私は、某飲料メーカーに勤めている34歳の営業マンです。独身です。

休日は釣りに出るか、一日中スマホでゲームをするかのどちらかでした。

運動不足が気になって、ジムには何度か通ったことがありますが、続きませんでした。

ジムでEMSベルトを使ったことがありますが、個人での使用は初めてです。

メーカーの比較表や口コミを参考にして、評判が良かったものを買ってみました。

後悔はしたくなかったので、いろいろな口コミを読んで、運動と食事内容も見直すことにしました。

時間があるときは、ウォーキングやスクワットを一日平均して30分ほど、食事は油物や甘いものなど高カロリーのものを控えて、野菜ジュースを積極的に取り入れました。

EMSベルトは通勤中や運動中につけていました。

2ヶ月使用した結果。

使用前は、体重は75kg、体脂肪率24%でしたが、使用後の体重は67kg、体脂肪率が20%になりました。

食事内容もそれほど厳しくはしていませんし、運動も簡単なものを毎日続けているだけなのですが、やはりEMSベルトで筋肉をつけることによって、基礎代謝が上がってやせやすくなったのだと思います。

ダイエットには成功しましたが、今度は腹筋を割ってみたくなり、現在も継続して使っています。

まとめ

p158-5

EMSベルトは、内臓脂肪を直接減らしてくれるわけではないけれど、筋肉をつけることで代謝が上がり、脂肪の燃焼を手助けしてくれる効果は期待できそうです。

ウォーキングやジョギングなど、基本的な有酸素運動をしながら、EMSベルトを使って筋肉増強するとスムーズな減量につながるかもしれません。加えて食事内容も見直せば、よりスピーディーに内臓脂肪を落とすことができそうですね。

EMSで内臓脂肪に、ビリビリアタックしましょう!

-グッズ, 実践

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.