内臓脂肪の燃やし方、減らし方を解説。健康診断で危機感を感じている方、自分に適した方法で健康的に減らしていきませんか?

【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

内臓脂肪に関わりの深い病気 基本知識

敵は内臓脂肪にあり!生活習慣病ストーリーは突然に

投稿日:

p14-top

気がついたら付いていて、見た目からは分かりにくい・・・と言ったら、皆さんは何を思い浮かべますか?ズバリ答えは内臓脂肪です。

内臓脂肪とはその名の通り内臓の周りにつく脂肪のことです。内臓脂肪の特徴は年齢とともにたまりやすく落ちやすい点で、特に男性や閉経後の女性につきやすいと言われています。

糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病、全ての原因は内臓脂肪だと言われています。恐怖の生活習慣病ストーリーは突然にやってくるのです。

今回はそんな生活習慣病と内臓脂肪の関係について、少し掘り下げてみましょう。

内臓脂肪が生活習慣病の源泉だった!もっとも悪影響を及ぼす内臓脂肪

p14-1

さて早速ですが、内臓脂肪が溜まるとどうなるでしょうか。内臓脂肪が増えると、内臓が圧迫されて息苦しくなってしまいます。そして、それだけではありません。

代謝に深い関係のあるアディポサイトカイン

内臓脂肪からは代謝に関係する「アディポサイトカイン」という物質が出ています。ではそのアディポサイトカインとはどのような物質なのでしょうか。

内臓脂肪から分泌されるアディポサイトカインには悪玉と善玉が存在する

p14-2

全く持って聞き慣れないアディポサイトカインですが、これは内臓脂肪から出る物質の総称です。アディポサイトカインは悪玉と善玉の2種類に分けられ、最近ではメタボリックシンドロームに関して、重大な役割を果たすとも言われているのです。

生理活性物質の総称「アディポサイトカイン」From脂肪細胞

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されていて、全身の血管の壁にくっつき、修復してくれる役割を果たします。

長生きできるかどうかの指標に

ちなみにアディポは「脂肪」、ネクチンは「くっつく」という意味を持つことからこのように呼ばれています。アディポネクチンの数値が高いと長生きすることを証明するデータもあり、老化防止を促進するとも言われています。

【善玉】アディポサイトカイン

次に善玉アディポサイトカインです。この物質は人間の脂肪細胞から出ており、血液の中に1番多く存在します。脂肪細胞から作られ分泌される物質の総称で、内臓脂肪が溜まると調節不全をきたします。

また、善玉には動脈硬化を防ぐアディポネクチンがあります。

アディポネクチン

アディポネクチンですが、これは脂肪細胞から血液の中へ分泌されるホルモンです。糖尿病や動脈硬化症などを予防する効果があるとされており、注目を集めています。

アディポネクチンには中性脂肪を減らす働きがあるので、メタボリックシンドロームを解消する為にはアディポネクチンを増やせば良いとも言われています。

そんなアディポネクチンを増やす為にはマグネシウムと食物繊維を多く含む海藻類が良いとされています。また、青魚に豊富なEPAもアディポネクチンを増やします。

沢山の身近な品目に含まれているため、普段の食事から気軽に取り入れられそうですね。

【悪玉】アディポサイトカイン

善玉アディポサイトカインは脂肪細胞から放出されますが、脂肪が溜まり脂肪細胞が肥大化してしまうと機能異常が起こります。

すると、悪玉アディポサイトカインが放出されてしまいます。悪玉アディポサイトカインにはPAI-1、TNF−α、レジスチン、アンジオテンシノーゲンが挙げられます。

レプチン

食事をすると血糖値が上がりますが、そうすると脂肪細胞が刺激され、レプチンが分泌、血流に乗って脳に作用します。脳の視床下部にはレプチン受容体があって、そこに結合することで満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられるのです。

その他にも交感神経を優位にし、カロリー消費量を高める働きをしてくれます。ただしこのレプチン、過剰に分泌されると働き自体弱ってしまうため、最初はダイエットの味方だったものの、敵に変貌します。

運動しなくても脂肪の分解・燃焼に働きかけてくれる存在だったのに、残念すぎますね。

TNF-α

TNF-αは、当初は腫瘍部位に出血性壊死を誘導する因子として発見されました。この物質が腫れや痛みなどの炎症になる原因物質といわれています。

更に、他の炎症をおこす物質を作らせる働きもあると言われています。内臓脂肪が増えると、TNF-αも増えすぎて、身体中が炎症に巻き込まれます。

アンジオテンシーゲン

血管を収縮させ、血圧を高める原因となります。

PAI-1

血栓を形成しやすく、動脈硬化を進行させます。

内臓脂肪がもたらす生活習慣病

p14-3

食生活や運動習慣、飲酒、喫煙などの生活習慣の乱れが発症や悪化につながる疾患で、加齢が原因で発病しやすいものを生活習慣病といいます。具体的には糖尿病や高血圧症、高脂血症や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などがあります。

内臓脂肪は生活習慣病の発症に大きな関係があることが分かっています。内臓脂肪を減らすには運動が効果的です。また食べ過ぎにも注意し、食事のバランスを整えることが大切です。

生活習慣病予防はダイエットの目的第1位!波ニ乗レ!

p14-4

ここまでで内臓脂肪が生活習慣秒を引き起こすことが分かりましたね。アサヒグループホールディングスがダイエットに関するアンケートを行った結果でも、ダイエットをしている・またはしたい理由の1位に生活習慣病の予防があります。

これは性別で見た時に男性回答の中でダントツで、体型や見た目よりも健康維持・改善野為に取り組んでいるという人や、中には既に生活習慣病を患っていて、ダイエット必須だからという人もいました。

ダイエット中、またはダイエットしたい理由

順位 理由 パーセンテージ
1 生活習慣病予防 48.5%
2 体型・容姿の維持 48.2%
3 理想の体型に近づけるため 47.3%
4 腰痛や足腰の負担軽減のため 31.5%
5 夏場に向けて 23.0%

出典:(http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/201305/00459/#sec02a

容姿の他にも体脂肪、中性脂肪の数値が挙げられており、外見だけではなく体内環境の改善に努めるという人が目立ちました。みんな不安と悩みの種は同じだったのですね。

まとめ

今回の内容で、内臓脂肪の蓄積から様々な生活習慣病が引き起こされるということがよく分かりましたね。さらに男性は特に、見た目からではなく体の内側から改善しようとする傾向があることが分かりました。

内臓脂肪からは様々な物質が分泌されていることも知りましたが、結局は内臓脂肪が溜まりすぎると悪影響を及ぼす場合もあるとのことですから、地道に日頃からの食生活の見直しや軽い運動を習慣付けて内臓脂肪を寄せ付けない体づくりを心がけましょう。

-内臓脂肪に関わりの深い病気, 基本知識

Copyright© 【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.